浪費愛アップ

無駄にお金を使う出費や浪費を懸念する

浪費癖とは、本人では気がつかない場合も多いです。
周りから注意されて、やっと気がつくということもあります。
ムダにお金を使うということがクセということなのですが、自分にとってはそれがムダではないと思い込んでいる場合が多いです。

浪費癖のキッカケについて

何ストレスが溜まって、その解消方法を探していて、これならストレス解消が出来る!と思ったのがきっかけというようなこともあります。
お金の大切さを感じながらも、使う事の楽しさや喜びを感じたということがきっかけになることもあります。
嫌なことがあって、やけになってお金を使ってみたらそれがとても楽しく感じたということもあるかもしれません。
浪費癖のきっかけは人によって違いますが、何かがあってお金を使うことの楽しさを感じて…ということが多いようです。

お金を稼ぐことの大変さ

お金を使うことが楽しいと思っていても、お金を稼ぐことの大変さを知っている場合もあります。
知っているからこそ目をそむけたくなるということがあるのです。
もしくは、お金を今まで稼いだことが無い人が、お金を稼ぐことの大変さが分からなくて、ただ、使うことの喜びだけを追い求めるという例もあります。
こういう場合は、なかなか浪費癖が直らない場合が多いのではないでしょうか。
お金を稼ぐことを一度でもしたことがある人でしたら、お金を稼ぐことは大変なことだから、出来れば大切に使おうと思うものかもしれません。
でもそうでもないということもあるのが人間の不思議です。
浪費癖は、突然なることもあります。
もしくはそういった兆候があったということもあるのです。
家族においては「何かおかしい…」と思った時に、とめてあげることも必要かもしれません。

一時的な浪費グセもある

一時的にそういうクセが出てしまうということもあるのです。
普段は、お金を大切にしているけれど、この時期だけは浪費癖が出てしまったということもあります。
もしくは、それが慢性化していつの間にか当然のように、浪費癖が出ているようなこともあるでしょう。
あまり長い期間それが続くようでしたら、一度専門的な医院などで診察をしてもらったり、カウンセリングにかかるということも良いかもしれません。

このままにしておいて良いということは、無いかもしれないからです。
金銭管理が出来るようになるまで、誰かのサポートがあった方がいいかもしれません。
一人の力では、抜け出せないものと言えるでしょう。

© 浪費愛アップ